キクモとヒメタニシの追加(2019年07月中旬)

0

    JUGEMテーマ:園芸

     

    ガボンバよりも小さくて繊細なキクモ。

     

     

    オオバコ科の多年草で、水田雑草の1つです。

    水陸両用で、地上では普通の草のようになり、

    水中では水草のような姿になります。

     

     

     

    ヒメタニシ

     


    先に入れたカワニナと異なり、こちらは濾過摂食も行います。

    水中の有機物やプランクトンなどを水ごと吸い込み、

    漉し取って食べるので、水をクリアに保つことが可能になります。

    オスは右側の触角が常に曲がっていたり巻いていたりするので、

    これで雌雄を判断できます。

    卵胎生で、卵を胎内に保有し稚貝を直接産みます。

     

     

     

    実生サワギキョウ

     

     

    表面にハイゴケを張り、全没させずに深めの腰水としました。

     

     

     

    最近の概況

     

     

    少しずつ環境に変化がついてきました。

     

    メダカには食べ残しが出ない程度の量のエサを与えています。

    水面には稀に小さな油膜が出ることもあり、

    念のため、スポイトで吸い取って除去しています。

     


    トウテイラン 開花(2019年07月中旬)

    0

      JUGEMテーマ:園芸

       

      オオバコ科ルリトラノオ属、在来ベロニカの1種。

      一部が咲き始めました。

       

       

       

      本州(近畿〜中国)の日本海側の沿岸部に分布する海浜植物。

      半常緑性で、温暖な当地では冬でも緑葉を維持しています。

       

       

      温暖な地方の海岸付近に自生するだけあって、

      基本的には強健で栽培も容易です。

      よほど過湿の状態が長引かない限りは用土も選びません。

      日当たりの良い環境は必要です。

      耐暑性も強いので夏場の日差しも問題ありません。

       

       

      庭ではロックガーデン風の箇所に客土して植えていますが、

      庭土に腐葉土やバーク堆肥をすき込んで普通に植えても十分育ちます。

      水分条件が良いとよく伸びて周囲に倒れ込むので、

      草丈を抑える場合は硬質系の用土で乾燥気味にすると良いかもしれません。

      乾燥には強いですが、完全に水が切れると当然枯れるので、

      締めて作る場合はその匙加減に注意する必要があると思います。

       


      オニユリ 開花(2019年07月中旬)

      0

        JUGEMテーマ:園芸

         

         

         

        基本的には非常に強健で育てやすいです。

        ただ、5月ごろにユリクビナガハムシの食害を受けやすく、

        見つけ次第完全に駆除しないと開花に至りません。

         


        梅雨の庭(2019年07月)

        0

          JUGEMテーマ:園芸

           

          7月に入って咲き始めた庭のソバナ。

           

           

           

          鉢植えのソバナ(開花ピーク、6月中旬撮影)

           

           

          6月末に記録的な遅さで梅雨入りしましたが、

          地域がら、雨が長時間は続かず、隙あらば晴れています。

          梅雨入り前に比べて最低気温は一段階高くなり、

          20℃を下回ることがなくなりました。

          一方で、最高気温の方はあまり変化がなく、概ね30℃前後です。

           

           

           

          トウテイランやカワラマツバなどに埋もれるコケモモ・レッドキャンディー。

           

           

           

          枝が伸び始めたクロモジ。

           

           

           

          クガイソウ・ファシネーション

           

           

           

          ゲラニウム・ロザンネ

           

           

           

          カワラナデシコ

           

           

           

          サラガミネキキョウは下葉がやや枯れ上がり始めましたが、

          今のところ枯死する気配はなく、ちらほらと花を上げています。

           

           

           

          カンパニュラ・ラディアナは花がらを摘んで様子を見ていましたが、

          最近になって一部に枯れ上がりが見られるようになりました。

           

           

           

          ラディアナの子株は小さなままですが、異常なし。

           

           

           

          ツリガネニンジンは花序が見えてきました。

           

           

           

          オオチゴユリの地上露出した地下茎。

           

           

           

           

          アカショウマの葉の上で羽を休めるホシミスジ。

           

           

           

           

           

          睡蓮鉢(周辺概況)

           

           

          雨の降りやすい天候が続いているので、

          水位をやや低くし、溢れないように注意しています。

           


          睡蓮鉢 立ち上げ後の様子(2019年07月中旬)

          0

            JUGEMテーマ:園芸

             

            6月中旬に立ち上げてから約1ヶ月。

             

             

            当初からの楊貴妃メダカだけでは数が少なすぎて

            優位個体が他の個体を追い回してばかりの状況になったため、

            急遽、一般的な普通種メダカも放流。

            注意や興味を分散させ、落ち着けるようにしました。

            他にヌマエビ類やカワニナも仲間入りです。

             

             

            一方で楊貴妃メダカ2匹、飛び出しで普通種1匹が死亡しました。

            楊貴妃2匹は急ピッチでの立ち上げで負荷をかけてしまったのかもしれません。

            ただ、それ以降は落ち着いたようで、新たに弱る個体は出ていません。

             

             

             

            メダカの稚魚(針子)

             

             

            抱卵したメスを水草と一緒に別容器に隔離し、

            産み付けたらメスだけを睡蓮鉢に戻し、容器を日当たりに。

            水が薄いグリーンウォーターになるころには泳ぐ姿が確認できました。

             


            サワギキョウ 苗の選抜と植え替え(2019年07月中旬)

            0

              JUGEMテーマ:園芸

               

              成長の良い個体を5つ抜き取ります。

               

               

               

              赤玉土、さつま土、バーク堆肥で素焼き深鉢に植えつけ。

               

               

               

              中心部を盛り上げ気味に。

              この鉢植えはいずれ睡蓮鉢に浸す予定です。

               

               


              ヤブラン 開花(2019年07月中旬)

              0

                JUGEMテーマ:園芸

                 

                 

                 

                温暖地の山林内で見られる常緑多年草。

                こちらでも身近な植物で、庭の植栽にもよく用いられています。

                花は濃いめの青紫色で涼しげな雰囲気があります。

                 


                カワラナデシコ 開花(2019年07月上旬)

                0

                  JUGEMテーマ:園芸

                   

                   

                  種子からの開花。

                   

                   

                  春植物の平鉢に生じた実生苗を庭に植えました。

                  春先に庭へ下ろしたと思いますが、

                  この花が咲くまでその存在を忘れていました。

                   


                  オオバギボウシ 開花(2019年07月上旬)

                  0

                    JUGEMテーマ:園芸

                     

                     

                     

                    庭では夏の始まりを告げる花です。

                    花はその日のうちに萎みますが、

                    たくさんの蕾が段階的に咲き進んで長く楽しめます。

                     


                    リュウノヒゲ 花(2019年07月上旬)

                    0

                      JUGEMテーマ:園芸

                       

                      こちらは葉の長い基本的な形態のもの。

                       

                       

                       

                       

                      玉竜の方にも花が見えてきました。

                       

                       


                      | 1/19PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM