クガイソウ・ラベンデルトルム 開花(2020年06月中旬)

0

    JUGEMテーマ:園芸

     

     


    ウツボグサ 開花(2020年06月中旬)

    0

      JUGEMテーマ:園芸

       

       

      去年咲いた個体から再び花茎が伸びてきました。

      匍匐茎の随所で発根して増殖しており、

      また、こぼれ種でも殖えて、すっかり庭に定着しました。

       


      ムサシアブミ 結実(2020年06月中旬)

      0

        JUGEMテーマ:園芸

         

         

        今年は妙に仏炎苞が長く維持されていましたが、

        球茎が充実したことにより、雌花となっていたようです。

        これが順調に熟すかどうか、経過を観察したいです。

         


        タリクトラム・フラブム 開花(2020年06月上旬)

        0

          JUGEMテーマ:園芸

           

          花が咲いて品種が判明しました。

           

           

           

          欧州原産で、黄花カラマツソウと呼ばれることが一般的です。

          ロックガーデンに植えていますがとても高く伸びています。

          カラマツソウ(タリクトラム)類の中では暑さに強い品種の1つのようです。

           


          シモツケソウ 開花(2020年06月上旬)

          0

            JUGEMテーマ:園芸

             

             

             

            去年よりも花茎が増えました。

            株分けした小さな株も含めて、草勢は年々良くなっています。

             


            アネモネ・カナデンシス 開花(2020年05月下旬)

            0

              JUGEMテーマ:園芸

               

               

              去年秋にロックガーデンを改良した際に移植したものが早速咲いてきました。

              元の位置よりも生育が良く、暖地でも日向の方が適しているようです。

               

               

              落葉樹の下の方でも咲いていますが、

              こちらは他の山野草に圧され、通路の際に追いやられてしまっています。

               

               

              強健でよく増殖し、夏の強光や暑さにもよく耐えるので、

              気候帯に関わらず、とても扱いやすい多年草です。

               


              ゼンテイカ 開花(2020年05月下旬)

              0

                JUGEMテーマ:園芸

                 

                庭の改良の影響か、長らく栽培していて久々の開花になります。

                 

                 

                ゼンテイカ(禅庭花)はいわゆるニッコウキスゲです。

                これまでニッコウキスゲだと思っていましたが、

                標準和名としてはゼンテイカになることを最近になって知りました。

                 

                 

                ゼンテイカには地域によっていくつかの変異が認められ、

                和名や学名に関して長らく混乱の時代があったようです。

                ムサシノキスゲ、トビシマカンゾウ、ヒメカンゾウ、エゾカンゾウ(エゾゼンテイカ)などが

                ゼンテイカに近しい仲間になるようです。

                 

                 

                 

                 

                 

                草丈は花茎を含めても低めで、周りの高茎草本で隠れがち。

                 

                 

                この植物は基本的によく育ちますが、

                庭を改良する前までは草勢が若干衰退傾向にありました。

                分布や自生地などから冷涼地の多年草であり、

                暖地では適度に植え替えるなどの管理が必要なのかもしれません。

                 


                ゲラニウム・ファエウム 開花(2020年05月下旬)

                0

                  JUGEMテーマ:園芸

                   

                  黒花フウロの花

                   

                   

                  思っていたほど黒くはありませんが、

                  濃紫色もまたきれいで良い雰囲気です。

                   

                   

                  購入した苗を植えつける前にいくつかに株分けしており、

                  今年の開花は難しいかと思っていましたが、花茎を立ち上げてきました。

                   

                   

                  株分けで殖えた他の株たちはポリポットに寄せ植えしており、

                  バックアップ個体として育てていきます。

                   


                  キンリョウヘン 植え替え(2020年05月下旬)

                  0

                    JUGEMテーマ:園芸

                     

                    去年の花後には植え替えようと思っていましたが、

                    なかなか取り組めず、気づけば1年ほど経ってしまいました。

                     

                     

                     

                     

                    雑草が蔓延っています。

                     

                     

                     

                     

                    根詰まりしきっていて鉢から根株を抜き取るのは骨が折れました。

                    あわよくば株分けも考えていましたが、それどころではありませんでした。

                     

                     

                     

                     

                    一回り大きなポリポットに植え替え。

                    硬質赤玉土、硬質鹿沼土、少量の腐葉土の混合土を用いました。

                     

                     


                    ヒメサユリ 開花(2020年05月中旬)

                    0

                      JUGEMテーマ:園芸

                       

                       

                       

                       

                      地上部展開を始めてから短期間で開花に至ります。

                      時期としては去年と同じくらいです。

                       

                       

                       

                       

                       

                      生育環境

                       

                       

                       

                      今年はまた一段と茎がよく伸び、オオカニコウモリの上で花を付けています。

                      周りの植物もさらに高く生い茂っており、

                      そうした群落高に同調しているようです。

                       

                       

                      この個体もウイルスによるモザイク病の症状が軽度に見られます。

                      ただ、去年よりは症状が落ち着いているようで、

                      近くで見ないと分からない程度です。

                      ウイルス病は一度かかると完治はしませんが、

                      症状を抑えながら長期的に栽培できるかどうか、今後の推移を見守りたいです。

                       


                      | 1/40PAGES | >>

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << June 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM